『コミュマネブ』詳細説明と入会方法

本記事はかなり長文となっております。

内容を熟読いただきご理解ご納得いただける方のみ『コミュマネブ』へのご入会をお願いします。

※ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

 

最初にお知らせしますと、コミュマネブは月額11,000(税込)の有料オンラインサロンです。初月も日割りで利用料金がかかります。支払いにはクレジットカードが必要です。ツールとしてFacebookグループやLINEを利用しますのでそれぞれのアカウントが必要です。従いまして「ちょっと試しに入会してみようかな」とか「初月無料だったら入会するのに」というお試しが出来ないサービスとなっております。ご了承ください。

 

ここまで読んで、ご理解ご納得いただけない方はこの画面を閉じてください。

もう少しお付き合いいただけるみなさま、先に進みましょう。

 

 

まずは、少しだけオンラインサロンについての解説

 

ここにたどり着かれたという事は、少なからずオンラインサロンに興味を持たれてるのだと思いますが、改めてオンラインサロンについて少しご説明させていただきます。

オンラインサロンというサービスは、実はかなり以前から存在していました。

 

2012年に「Synapse」(シナプス)がオンラインサロンプラットフォーム事業を開始して以来、2015年に「Salonde」(サロンド)、2016年には「レジまぐ」、「DMM オンラインサロン」、「COMMY」(コミー)、「CAMPFIRE ファンクラブ(現在はCAMPFIRE Community)」、2019年には「A-port オンラインサロン」、2020年には「FANTS」(ファンツ)がオンラインサロンプラットフォーム事業に相次いで参入した。(Wikipedia)

 

歴史的には2012年から存在していましたが、一般的に認知され始めたのはここ1〜2年ではないでしょうか?

コロナ禍によって様々な事が強制的にオンライン化された事がひとつの要因だと思いますが、急速に認知され一般化し始めたオンラインサロンサービスは、急速に認知されたがために、色々間違った情報や知識も流布されており、その中には「怪しい」「宗教っぽい」「ネットワークビジネスだ」など、明らかに事実とは違う情報もあり、その間違った情報でオンラインサロンを認知されている方も少なくないと思います。

 

オンラインサロンとは、

 

月額会費制のWeb上で展開されるクローズドなコミュニティの総称である。作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。また、アーティスト・アイドル、モデル、テレビタレント・アスリートのファンクラブとして活用される例もある。(Wikipedia)

 

とあります。

 

誰かが(主に話題になるのは著名人)主催しているオンライン上の場所に目的を持った属性の近い人が集まり様々な活動が出来るサービス、というのがオンラインサロンの定義だと思いますが、ネット上の人が集まる場所なので、”オンラインサロン”ではなく”オンラインコミュニティ”と言い替えることも出来ます。オンラインコミュニティと聞けば、みなさんも属しているコミュニティが少なからずあるのではないでしょうか?

 

例えば、友達と作ってるLINEグループ、趣味のFacebookグループ、さらにはTwitterやInstagramもオンラインコミュニティです。

 

つまり、意識するしないに関わらずオンラインコミュニティはあちらこちらに存在しており、無意識のうちに参加しているのが現代なのだと思います。

 

そして、オンラインコミュニティとオンラインサロンは同義語であり、別に怪しげなサービスでも集団でもないと言うことです。

 

ただ一点、オンラインサロンに対する不信感が募る要因として敢えて上げるとすれば、ほとんどのオンラインサロンは有料制であり、有料制であるがためにクローズド(閉鎖的)であると言うことかもしれません。無料で誰でも参加出来るオンラインコミュニティが、怪しいとか宗教だとか言われることはほとんどありません。(怪しいと思ったら実際に参加してみて確認することも出来ますから)

有料制なので気軽に確かめられない事が怪しまれる原因だとすれば、それを払拭しようとして有料制なのにオープンにして、お金を払ってる人が受けられる恩恵をお金を払っていない人も同様に受けられるようにしたら、それはもはやサービスとして成立しません。(例えば、NETFLIXをお金を払わずに見られたらお金払ってる人は怒ります)

※この発想から、一部のコンテンツをオープンにするなどの手法を用いたりしますが、きちんと設計しないと既存会員の方の退会要因になったりします。

 

よくよく考えれば誰でも理解出来ることだと思いますが、それでも閉じられた場所で何をやっているのかわからないと言うことが、「胡散臭い」「怪しい」と言った不信感に繋がっていることは否めない事実です。(ここまで読んでいただいてる方であれば、そんな誤解もないかとは思いますが)

※もちろん、中には本当に怪しげな活動や明らかに詐欺まがいのことをやっているオンラインサロンも存在していると思いますが、それは他の全てのサービスにも言えることで、最終的には自分の目で見極めることが必要だと思います。

 

とは言え、あまり深く考えずに「オンラインサロン=胡散臭いサービス」と思ってるみなさま、オンラインサロンというサービスは、今後さらに普及して行くのは世の現状を見れば容易に想像出来るかと思います。リモートワークが推奨され、どこにいても仕事が出来て、さらには複業も認められ始め自分のスキルや趣味を自由に発信出来る環境が整ったいま、オンラインサロンは、みなさまの可能性を無限に広げるツールになり得るサービスです。(YouTubeによってYouTuberが生まれ、TikTokによってTikTokerが生まれたように)

 

現状はタレントや著名人のオンラインサロンに注目が集まって(良くも悪くも)ニュースになることが多いですが、今後普及して行けばどんどん一般化されます。(既に一般人でもオンラインサロンを始めてる方は少なくありません)おそらく数年後には”オンラインサロン”という単語も(今よりもっとポジティブな意味で)一般化し、様々なオンラインサロンを普通に誰でも利用している(参加している)サービスのひとつになることは避けられない事実だと思います。「知らない=排除する」のではなく、一度、踏み込んで見ることで見えて来ることもあるのではないかと思います。オンラインサロンサービスは、いまが正にそのタイミングではないかと思います。

※ちなみに、今では誰でも知ってる(使ってる)TwitterやFacebookにしても、日本上陸時には「ナニコレ?」と思われてましたね。

 

ここまで読んで、オンラインサロンに対する興味が継続しているみなさま、ぜひこのまま読み進めてください。

 

 

コミュニティマネージャーのためのオンラインサロン『コミュマネブ』とは?

 

ここからが本題です。

これまで多くのオンラインサロンの開設・運営に関わってきた弊社(私)は、オンラインサロンの未来に対して大きな可能性を感じています。

 

しかし、だからと言って、オンラインサロンが簡単に誰でも上手く出来るモノだとは思っておりません。

※最近は、オンラインサロン立ち上げセミナーの募集広告を頻繁に目にしますが、そのどれもが「簡単」「誰でも出来る」「不労所得を得よう」というキャッチフレーズです。もし、本当にキャッチフレーズ通りだったとしたら、もっと成功して話題になっているオンラインサロンがニュースになってもいいと思いますが…現実はどうでしょう?!

 

では、オンラインサロンを上手く運営するために(成功させるために)何が必要か?

そう考えた際に出た結論が、

 

「(これまでの経験値から)”コミュニティマネージャー”の存在が必須!」

 

です。

 

あまり聞き慣れない(初めて聞いたという方もいるかもしれない)”コミュニティマネージャー”という肩書き、お仕事が、オンラインサロンを運営する上では欠かせないマスターピースのひとつだと思うのですが、現状はオンラインサロン立ち上げの現場で、この担当が専業でアサインされていたり必要性が議論されていることは、ほぼありません。

理由はいくつかあると思うのですが、まずはコミュニティマネージャーという役割がオンラインサロン運営において最重要だという認識がないこと、次に、コミュニティマネージャーが何をやるのかが認知されていないこと、極めつけはオンラインサロンはコンテンツの内容が最も重要(強いコンテンツさえあれば上手く行く)と思っていることです。

※専業のコミュニティマネージャーが存在すると言うことは、人的リソースを割くと言うことなので、出来るだけコスパ良く進めたい新規サービス立ち上げの現場では、なかなか難しい要件と言う事は理解出来ます。例えば、SNSが普及し始めた際に公式TwitterやInstagramの担当を誰がやるのか問題が議論されたことはありませんか?結果、広報の担当の方が兼業することになったりしてませんか?しかし、SNSの重要性が認知され始めたら、専業の担当がアサインされたりしませんでしたか?

 

ちなみに、認知度の低い(聞いた事もない)コミュニティマネージャーですが、実はみなさんの周りにも昔から存在しています。

 

例えば、学生の頃の学級委員長、サークルの部長(副部長)、町内会の会長(役員)、会社の課長(係長)などなど。

人が集まる場所(コミュニティ)が、平和に楽しく円滑に運営されるために影で大変な労力を割いて様々な調整ごとを一手に引き受けてくれている存在、それがコミュニティマネージャーです。

 

オフラインで必要な存在は、オンラインでも必要なのです。

 

しかし、(上記でも触れましたが)多くのオンラインサロンでは、この”コミュニティマネージャー”が存在していないことが少なくありません。

正確に書くと、コミュニティマネージャーっぽい人はいるけど、コミュニティマネージャーの仕事をしていなかったり、もっと重傷の場合は、コミュニティマネージャーっぽい人すらいないことがあります。ちなみに、運営担当がコミュニティマネージャーだと思われてる方もいるかもしれませんが、(言葉の定義ではなく、あくまで何をやっている人なのかと言う事が重要ではありますが)役割を考えた場合には両者は似て非なる存在です。(両者のタスクを明確に理解した上で、兼任する場合は特に問題ないと思います)

 

”コミュニティマネージャーっぽい人”をもう少し掘り下げて解説します。

 

オンラインサロンには、当然ですがオーナー(主催者)が存在します。

多くのオンラインサロンではオーナーがコミュニティマネージャーを兼ねている(と思っている)ケースがほとんどで、この場合、オーナーがコミュニティマネージャーっぽい事をやってるつもりなわけですが、実際には出来ていない事がほとんどです。これは、意識的にオーナーのタスクとコミュニティマネージャーのタスクを分けてマネジメント出来ていないことが原因です。

 

ちなみに、オーナーの役割とコミュニティマネージャーの役割を理解されてますでしょうか?

 

それぞれの役割を理解することで、オーナーとコミュニティマネージャーが一致しなくてもオンラインサロンが開設出来るということが理解出来ると思います。

これが、いわゆる「(オンラインサロンは)誰でも出来る」と思われる由縁ではないでしょうか。ただ、前提(それぞれの役割をきちんと理解する)を無視して誰でも出来ると思ってしまうと、開設後、運営フェーズに入った途端にとても大変な思いをすることになるかもしれません。

 

これまで弊社(私)が関わったり参加したオンラインサロンで、上手く行ってるオンラインサロンの共通点は、明確にコミュニティマネージャーだと思える存在がいることです。逆に上手く行っていないオンラインサロンの共通点はコミュニティマネージャーがいない、もしくはコミュニティマネージャーっぽい人はいるけどコミュニティマネージャーのタスクを行っていない、または(やってることが)運営担当のタスクだと言うことです。

 

オンラインサロンを開設し円滑に運営して行くためには、コミュニティマネージャーは欠かせない人材だと考えるコミュマネブでは、コミュニティマネージャーに必要なスキルが習得でき、さらに(私を含めた)他のコミュニティマネージャーと実際の運用を踏まえたケーススタディを共有する事で、未だ確立されていないコミュニティマネジメントのナレッジベースを作り上げて行くことを最大の目的に設定しています。

そのために、可能性は無限大でも未だ発展途上のオンラインサロンビジネス市場に、これから新たにオンラインサロンを立ち上げてチャレンジしようとする人(これからコミュニティマネージャーを担当するであろう人)を全力でサポートするオンラインサロン、それがコミュマネブです。

 

ぜひ、コミュマネブに入会して、自身のオンラインサロンを開設してください。

そして、そこで体験する経験をコミュマネブで共有してください。

日本で一番コミュニティマネージャーが集まり、コミュニティマネージャーが抱える問題を解決出来るオンラインサロンになれればと思います。

 

蛇足ですが、オンラインサロンに少しでも興味がある人は、成功している著名人のオンラインサロンをサンプルケースにしているかもしれませんが、それはかなり危険です。

彼らは著名人であるメリットを最大限に活かすだけでなく、コミュニティマネジメントはもちろんのこと、コンテンツ企画や運営にも細かい戦略を立てて実行しているからこそ、成功しているという事を理解しなければいけません。決して著名人だから成功しているわけではないのです。

そして、オンラインサロンにおける共通の成功方程式(誰でも簡単に上手く行く)は存在しないという事実を認識することは重要で、その上で、自身のオンラインサロンはどうすべきかを考える事で成功確率が上がると理解してください。

 

 

『コミュマネブ』活動メニュー

 

1、オンライン勉強会(週1回定期開催)

オンラインサロンの基本的な知識やコミュニティマネージャーの基本的なスキルを理解するためのオンライン勉強会を週1回開催します。勉強会で取り上げるテーマは、事前にFacebookグループに記事を投稿しますので疑問質問があれば事前にコメントしていただければ勉強会で議論しますので理解度をさらに深めることが可能です。勉強会は、Zoomを使ったオンラインミーティングです。時間内に終わらなかった際には別枠で勉強会を設定する場合もあります。

 

2、オンラインサロン開設コンサル

オンラインサロンを開設する際の具体的なワークフローを学びます。テーマ設定から紹介ページ制作、さらにはPRや集客など、現在の弊社が関わっているオンラインサロンや今後開設されるメンバーの事例などを題材にリアリティのある議論を行います。また、この一連の様子をコミュマネブ全体で共有することでナレッジベースを深めて行きます。

 

3、オリジナル オンラインサロン システムパッケージの活用

コミュマネブに3ヶ月継続在籍すると弊社が開発したオリジナルオンラインサロンを開設出来るシステムパッケージを”完全無料”でご利用可能となります。

このシステムを利用するメリットは、オンラインサロンサービスの権利を全て自分で管理出来て、さらに自由度の高いオンラインサロン運営が可能となります。システム利用による売上げ手数料なども一切発生しません。通常、オリジナルのシステムをゼロから開発すると、それなりの開発費用がかかりますが、その初期投資はもちろん、開設後のランニングコストもかからないため、オンラインサロンビジネスで重要な会員が少ない初期段階の負担を大幅に軽減出来ます。また、このシステムは顧客管理と課金処理を行うためのシステムなので、実際に会員とコミュニケーションするプラットフォームは、FacebookグループやLINEオープンチャット、その他プラットフォームなど、開設するオンラインサロンの特性や提供コンテンツによって自由に選択可能です。もちろん、システムの導入から運用まで細かくサポートします。ちなみに、個人で入会して所属企業(法人)のオンラインサロンを開設しても全く問題ありません。

現在、このシステムを導入して運用中のオンラインサロンは「case」からご確認いただけます。

 

※このシステムの詳細説明は別記事をご参照ください。

※3ヶ月の継続在籍が必要な理由は、①オンラインサロンビジネスの基礎を学んでいただく期間である。②3ヶ月間の会費がシステム構築初期費に充てられる。ということですが、3ヶ月経過する前にオンラインサロンの立ち上げを希望される方は個別にご相談ください。なお、システム本体の権利は株式会社ヌルベットに帰属します。

 

4、企業コンサル

メンバーが所属する企業(法人)でオンラインサロンの開設を検討されている場合、定例会議への参加、企画検討から開設、さらには運用コンサルまで個別に対応可能です。メンバー個人のオンラインサロンの場合は月額会費に含まれますが、企業対応の場合は様々な契約なども必要となるため別途費用が発生する場合があります。個別にご相談ください。

 

5、その他 様々な企画を随時ご用意

コロナ禍ではなかなか難しいオフラインイベントの開催やメンバー同士のオンラインイベントなど、状況に応じて様々な企画をご提案します。また、メンバーからの提案も随時募集し、リクエストがあれば可能な限り実現して行きたいと考えています。

 

 

オンラインサロンの開設をおすすめしたい人

 

1、既に商品(プロダクト)を持ってる人(企業)

2、実店舗で商売されてる人(企業)

3、特別なスキルや経験値をお持ちでそれを他者に共有したい人

4、自分には特に何もないが周辺に上記のような知り合いがいる人

5、現業をアップデートしたい人

 

 

『コミュマネブ』への入会をおすすめしたい人

 

1、コミュニティマネージャーのスキルを学びたい人

2、コミュニティマネージャー同士で情報共有したい人

3、オンラインサロンビジネスに興味がある人

4、オンラインサロンを開設したい人

5、オンラインサロンの運用が上手く行ってない人

6、顧客情報をオンライン化する事の価値を理解している人

7、ダイレクト課金ビジネスモデルの価値を理解している人

8、サブスク(定額制)課金の価値を理解している人

9、ローコストでオリジナルオンラインサロンを開設したい人

10、完全リモートワークを実現したい人

 

 

『コミュマネブ』会費

 

月額11,000円(税込)

※お支払いはクレジットカードのみとなります。
※毎月1日登録クレジットカードから決済されます。
※初月は入会日から次回決済日前日までの日割り金額が入会登録時に決済されます。

 

 

『コミュマネブ』入会方法

 

1、Facebookアカウントを用意

コミュマネブではメインコミュニティプラットフォームにFacebookグループを使用します。従って、入会にはFacebookアカウントが必要です。

2、会員情報の登録

『入会する』ボタンを押下し、会員情報やクレジットカード情報を登録する。

3、Facebookグループへ参加申請

登録が正常に完了すると登録完了メールが送られます。会員専用ページへログインすると『マイページ』が表示され『Facebook 版』ボタンを押下するとコミュマネブのFacebookグループへ遷移しますので、Facebookアカウントでログイン後、参加申請を行ってください。その際、会員登録情報とFacebookに登録されてる情報が一致しないと本人確認が出来ず、参加承認されない場合がありますのでご注意ください。

4、LINEアカウントを用意(任意)

コミュマネブではサブコミュニティプラットフォームにLINEオープンチャット使用します。必須ではありませんがぜひ登録してください。登録にはLINEアカウントが必要です。

5、LINEオープンチャットへ参加申請(任意)

会員専用ページへログインして『マイページ』の『LINE 版』ボタンを押下するとコミュマネブのLINEオープンチャットへ遷移しますので、画面に従って参加申請を行ってください。お名前は実名、ニックネームどちらでも可能ですが、ニックネームでの参加の場合は、お名前の後ろにコミュマネブのマイページでご確認いただけます会員ID(数字4桁)を付記してください。(ex:コミュ太郎1234)会員IDで本人確認を行います。ニックネームにも関わらず会員IDが付記されていない場合は本人確認が出来ず参加承認されない場合がありますのでご注意ください。実名での参加の場合は会員IDは不要です。

 

※申請から承認まで数日お時間をいただく場合があります。
※参加申請が承認されるとFacebookやLINEから通知が送られてきます。
※承認の連絡がない場合でも『コミュマネブ』が閲覧出来れば承認は完了しています。
※1週間経っても承認されない場合は個別にお問い合わせお願いします。

 

 

入会する

 

 

主催者について

 

荒木浩二(アラキコウジ)

1966年生まれ。佐賀県出身。NTTでお堅いエンジニアを経験後、音楽専門CSチャンネルのスペースシャワー(スペシャ)に転職しエンタメ業界にハマる。その後、テレビ番組制作会社、タレントマネジメント会社などを経て、2018年ファッション事業を主軸とする株式会社ヌルベットを設立。その後、情勢の変化によりオンラインサロン事業を開始。現在は複数のオンラインサロンの運用に関わりながらオンラインサロンシステムの開発やコミュニティマネージャーの育成事業に注力中。

 

 

注意事項(必読)

 

※『コミュマネブ』は事前登録制で月額11,000円(税込)の有料コミュニティサービスです。

※入会するためには会員情報、クレジットカード情報の登録が必要となります。

※入会登録にはメールアドレスとクレジットカードの保有が必要です。

※会員登録の際はクレジットカードに記載の実名での登録をお願いします。

※月額利用料につきまして毎月1日、登録いただいたクレジットカードによる決済となります。

※初月(入会月)は、入会日から次回決済日前日までを日割り計算し入会時に決済されます。

※決済エラーとなった場合はお知らせメールが送られますのでメールに記載されている方法で再決済の手続きをお願いします。

※決済がエラーとなり、お支払いが一定期間以上確認できない場合、強制退会とさせていただく場合があります。

※本サービスではコミュニケーションツールとしてFacebook非公開グループとLINEオープンチャットを使用します。

※アクセスにはFacebook、LINEアカウントが必要です。

※Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、 アカウントがアクティブなものでないと判断した場合、入会をお断りしたり強制退会とさせていただく場合があります。

※Facebook非公開グループへの登録は会員登録後に利用可能となる「マイページ」の中の 「Facebook 版」ボタンから行えます。 詳細は「新規入会登録完了のお知らせ」メールをご参照ください。

※LINEオープンチャットへの登録は必須ではありませんが、出来れば登録してください。

※LINEオープンチャットへの登録は会員登録後に利用可能となる「マイページ」の中の 「LINE 版」ボタンから行えます。 詳細は「新規入会登録完了のお知らせ」メールをご参照ください。

※Facebook、LINEへの参加までは入会申込日から最大10日程度いただく場合があります。 10日経ってもアクセス出来ない場合はお手数ですが個別にご連絡ください

※コミュマネブは会員限定のコミュニティです。 内部で公開されている情報を外部に漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会をお願いします。

※会員が安心して気持ちよく交流出来るコミュニティを作るため、運営および特定メンバーへの誹謗中傷、 荒らし行為などコミュニティの秩序を乱す行為があった場合は強制退会とさせていただく場合があります。

※会員による投稿も可能ですがサイト管理者による事前承認を実施しております。運営が不適切と判断した投稿やコメントは承認拒否や削除させていただく場合があります。

※退会手続きは「マイページ」へログインしていただくと会員自身で可能です。

back to lists

related posts

最近の記事
#tags
share