オンラインサロン『じゅんいちダビッドソンのキャンプ村』に入会してみました(2022/03/11 更新)

気になるオンラインサロンには、とりあえず入会してみるのが吉だと思ってる私ですが、今回はお笑い芸人じゅんいちダビッドソンさんがオーナーの『じゅんいちダビッドソンのキャンプ村』(以降、キャンプ村と書きます)に実際に入会してみて感じた事のお話です。

 

私が入会しようと思ったのは、3/8にあるYouTube動画を見た事がきっかけです。

 

その動画は、元芸人(?)で今は野外料理研究家のベアーズ島田キャンプさんと現役芸人のスパローズ大和さんのお二人(このお二人もキャンプ村の共同オーナーなの?よくわかっていません)がライブ配信された動画のアーカイブだったのですが、キャンプ村の募集が始まる告知と、どんなことをやってるのか(活動内容)を紹介する動画でした。ちなみに、キャンプ村の存在はかなり前から知ってて、なぜこのタイミングで入会したのかと言いますと、そもそも入会者数を絞ってるのか毎回の募集も開始から24時間くらいで定員に達してたようで(←主催者発表なので本当かは不明)いつも気付いた時には募集が終わってて、それがここまで入会が出来なかった理由です。(真剣に募集開始を監視してればもっと早く入会も出来たのでしょうが、そこまでではなかったので…)

※今回はこの記事を書いている3/9時点でもまだ募集されてますので、これまでの方針を少し変えて、ある程度会員を増やそうと思ってるのかもしれません。

 

入会申込みURLから必要事項(個人情報、カード情報)を入力して申込みしたのが3/8の19時頃。

 

キャンプ村のコミュニティ(Facebookグループ使ってるようです)への招待メールが来たのが翌3/9の8時…人的運用で確認して送信しているのかわかりませんが、自動化すればいいのにと思います。

 

同日、申請しましたが、この記事を書いてる3/9 12時時点では承認されていないので、まだコミュニティに入れていない状況です。(申請方法もFacebookグループに申請するのではなく、Facebook上のあるアカウント…たぶん管理人…に、友達申請しつつ、Googleフォームで必要事項を送るという、何とも煩雑な方法でしたので、ITに慣れていない人にはものすごく高いハードルだと思いました)

※その点、コミュマネブの入会インターファイスはよく出来てると自画自賛しておきます(笑

 

活動内容は大体想像つきますし(YouTube動画でも詳細されてました)、そもそも私はキャンプ好きなので、じゅんいちダビッドソンさんが持ってるプライベートキャンプ場を安く利用出来るとか、キャンプ好きな人と繋がれるという部分には魅力を感じますので、ある程度、コンテンツに対しては満足行くような気がしてます。(実際には数ヶ月在籍してみないとわからないと思いますが)が、システムとしてはダメダメですね。あとは、コミュニティマネージメント視点で見た時の運営について、どんな感じなのかをつぶさに見てみようと思います。

 

ちなみに、オンラインサロンが気になってるけど入会を躊躇されてるみなさま、入会してダメだと思ったら即退会出来ますので、ひとまず1歩踏み出してみてください。もしかしたら新しい何かに気付けるかもしれません。ちなみに、その際に気を付けたいのが会費の決済方法です。多くのオンラインサロンは会費決済日を毎月○日と設定している事が多いのですが、初回決済はいつなのかというのは確認しましょう。もし初回決済日が翌決済日だったら入会日から次回決済日はお試し期間として無料で見ることが出来ます。が、登録時に即決済されると注書きあったらお試し期間がありませんので気合い入れて入会ボタン押してください。支払った金額は経験という形で還元されるので無駄にはなりません。

 

それからキャンプ村の初回決済に関する記述はとてもわかりにくかったです。結果的に初月は日割りもなく丸々1ヶ月分入会時に決済されました。このパターンの場合、一番お得な入会日は毎月の決済日の翌日ですが、冒頭に書いた通り、入会募集するとすぐに定員に達するため入会日を自分でコントロール出来ません。つまり、やろうと思えば、毎月の決済日の前日に募集すれば運営サイド的にはとてもお得な課金が出来る仕組みです。(そんなことはないと信じてますが…笑)

※コミュマネブでは、オンラインサロンを開設される方に、このあたりの記載はシビアにコンサルしてます。

 

この記事は、続報あれば随時更新して行こうと思います。

 

━━━━━━━━━━━

【2022/03/11 追記】

 

昨日、3/10、入会申請が承認されてFacebookグループ管理者から招待されました。

さっそく、Facebookグループに参加して、過去記事や活動状況などをくまなくチェックしました。

入会直後の所感としては、

 

「思ったより会員数が少ない(募集を短時間で締めきっていたのは戦略だったのでしょうか?!)

「とはいえ、会費5,500円ですし、何かを行うには十分な人数(規約を読み切っていないので公表していいのか不明なのでここには書きません)

「会員のモチベーションは高そう(みんな基本キャンプ好きなので活動には前のめりで参加)

「つまり、オンラインはROMでもオフラインにはアクティブそう(現時点では想像)

 

個人的に、「このオンラインサロンのテーマ設定はとてもいい!」と絶賛してた私ですが、それは間違っていなかったと思います。

オンラインサロンを(コロナ禍の問題もあるにはありますが)オンラインだけで完結しようと考える人が少なくないですが、そもそもオンラインサロンにオフラインはマストで必要だと思ってますので、そういう意味で、キャンプテーマはとても相性いいと思います。会員が積極的に参加する余白も多く、さらに言えば、オーナー(じゅんいちダビッドソンさん)よりも詳しいベテランキャンパーなどいれば、オーナーも会員も並列に語れるテーマなので、運営がとてもいい感じに出来る気がします。(まだコミュニティマネジメントについては確認出来ていないので、キャンプオフ会などに参加してレポートしたいと思います)

 

ちなみに、「はじめに」的な記事をじゅんいちダビッドソンさんが投稿していて、ここにはこのオンラインサロンのステートメント的な事が書かれています。じゅんいちダビッドソンさんの気持ちがせきららに書かれてますが、これがとてもいい!!例えば、一部要約してご紹介すると、「会費が5,500円で高い安いはそれぞれが判断すればいいけど、自分(じゅんいちダビッドソンさんのこと)が主催していることの価値はあると思ってる」とか。これは、オンラインサロンの価格(会費)を設定する際のもっとも重要な要素で、これをズバッと言い切るじゅんいちダビッドソンさんは、オンラインサロンのことをよくわかってると思います。他にも刺さった言葉があるのですが、こちらも規約を確認して書けそうだったら書きたいと思います。

 

 

━━━━━━━━━━━

コミュマネブは、

オンラインサロン界の

ガレージブランドです。

━━━━━━━━━━━

 
back to lists

related posts

最近の記事
#tags
share