オンラインサロンは『資産』です!

いきなりですが質問です。

 

オンラインサロンを始める時のきっかけは何だと思いますか?

 

①最近話題だから何となく(儲かりそうだし)

②趣味の合う人を集めてオフ会やりたいから

③会社の上司に言われて渋々

 

などなど、きっかけは色々でしょうが、そこは別にどうでもよくて(笑)

ただ、オンラインサロンの特性上、忘れてはいけないことがありまして、

 

それは、

 

始めるとなかなか止められない

 

ということ。

 

これはオンラインサロンを語る時によく言われることですが、(なぜ言われるかというと)オンラインサロンがBtoCサービスだからです。企業が開設する無料のオンラインサロン(オンラインコミュニティと言われることの方が多いですが)の場合、期間限定とか会社の方針(上司がオンラインサロン嫌いとか)でいきなり終わったりすることもありますが、基本、1人でも会員が入会した瞬間から終わりのない運営が始まります。そして、オンラインサロンのデメリットとしてよく言われるのが、会員が1人でも100人でもかかる運営コストはほぼ同じというコスパの悪さです。こういった事が要因となり「オンラインサロンを軽々に始めるべきじゃない」と言われることになります。

 

既にお気付きだと思いますが、こういう考え方になるのはオンラインサロンが会費ビジネス(会員数だけがビジネスとしてのKPIになってる)だと考えるからであり、その考えだと、ほぼ全てのオンラインサロンは今すぐ止めた方がいいと思います。

 

では、コミュマネブではどう捉えるのが正解だと思っているのか説明します。

 

ずばり、

 

「オンラインサロンは資産です!」※タイトルで出落ちしてますが。

 

例えば、みなさんが家(土地)を買ったとして、その家は資産です。

自分名義の家でも自分がいなくなった時には子供や親族に譲ります。(相続)

面倒な手続きや手数料がかかったとしても譲るだけの価値があるから譲ります。

それは代々続きます。

資産だからです。

 

オンラインサロンも家を買うのと同じ気持ちで開設し、家を代々守り続けるのと同じように運営して行くのが正解だと考えます。

 

オンラインサロンを資産と考えると、何に価値があり価値を上げるためには何をすればいいのかを考えるようになります。

これまでのオンラインサロンビジネスでは「会員数」が価値だったので、どうすれば会員数が増えるか(会費売上げが増えるか)ばかり考えていたわけですが、私は会員数が少なくても価値のあるオンラインサロンをたくさん知ってます。価値を会費だとしなくなればオンラインサロンに求める価値が明確になります。会員同士が日々楽しそうにコミュニケーションしていたり、新しく入会した会員に対して古参会員が歓迎オフ会を開催していたり、たとえそれがダイレクトにお金を生み出していなくても会員同士の繋がりという価値を生み出してるわけで、それが将来的には資産になると考えれば、オンラインサロンを始めたら簡単には止められないと言われることが逆に少しでも長く続けることで資産価値があがるということの裏返しだと言えるのではないでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━

コミュマネブは、

オンラインサロン界の

ガレージブランドです。

━━━━━━━━━━━

back to lists

related posts

最近の記事
#tags
share