メンバーシップを止めたオリラジ中田さんの戦略がスゴい

私は、オンラインサロン研究のために参考になりそうだと思ったら実際にオンラインサロンに入会します。

 

直近ではじゅんいちダビッドソンさんのキャンプ村に入会しました。(なかなか面白いので現在も会員継続中です)

 

ネットで話題になっていたり、少しでも興味あるオンラインサロンには、とりあえず入会してみることにしてるので、気付くと最大10個くらいに入会してる時期もあり、会費だけでなかなかの金額がかかりますから、状況がある程度わかった時点で本当に面白いものだけ残して退会する事にしています。(簡単に入退会出来るのもオンラインサロンの特性のひとつですが、運営する側からしたら退会させないような努力は必須です)

ただ、オンラインサロンの面白い所は、いまの内容と1年後の内容が同じとは限らない事で、退会したオンラインサロンでも、しばらくして盛り上がってるという情報をキャッチすることがあり、その場合は再入会する事もしばしばあります。再入会してみると以前とは様変わりしていてとても面白くなってる場合もありますので、そういう場面に出会った時にはオンラインサロンの奥深さと言うかポテンシャルに驚かされます。(キンコン西野さんやオリラジ中田さんのオンラインサロンも最初から今の形ではなかったですし、オンラインサロンの内容を固定化しようとすることほど意味のない事はありません)

 

さて、そんな私が比較的長期間継続入会しているオンラインサロンのひとつにオリラジ中田さんの『PROGRESS』があります。

 

「オンラインサロンの覇者=キンコン西野さん」と私はよく表現していますが、本当の意味での王道オンラインサロン運営をしているのは中田さんだと思っています。

※ここでPROGRESSの内容の説明をすると長くなるので、興味があれば入会してみる事をオススメしますが、そりゃーもう、はたから見てても日々の運営稼働量は大変なものです。

 

今回の記事の本題は、中田さんのオンラインサロンがスゴいと言う話ではなく、メンバーシップとして立ち上げてたサブチャンネルを4月いっぱいで解散すると発表した事の衝撃と戦略のスゴさをお知らせするのが本題です。

 

中田さんはメインチャンネル「YouTube大学」とは別にサブチャンネルとして「中田敦彦のトーク」というチャンネルを運営していて、こちらは月額590円のメンバーシップチャンネルとなっています。現在の有料メンバー数は4,500人ほどらしいので、単純計算で約260万円の収入になります。(ここからYouTubeが3割くらい持って行くので実際の収入は約180万円くらいでしょうか…それでもスゴいですね)

 

金額もさることながら4,500人の登録者がいることもスゴくて、この数字は中田さんのオンラインサロンの会員数と近似値です。

 

そのメンバーシップを4月いっぱいで解散(終了)すると発表しました。

 

報告動画も公開されているので、時間のある方はぜひ見ていただきたいのですが、要約すると、

 

・最近、オンラインサロンの新規入会者が減っている

・退会者はそんなにいないのに新規入会者数が伸びないのはなぜか調べた

・するとメンバーシップ登録者数がやたら伸びてる

・メンバーシップを始めたきっかけは岡田斗司夫さんから「コミュニケーション不要の単純なサブスク始めたら?」と言われたから

・始めてみたらオンラインサロンとの違いがよくわかった

・自分は日々PROGRESSで会員と交流してることが楽しくて仕方がない

・オンラインサロンとメンバーシップ、どっちが大事かと言われたら、それはオンラインサロンで、一度も会ったことない人とのサブスクビジネスは大事ではない

・だからメンバーシップを止める

 

という事らしいです。

 

続けて、こういう話もしてます。

 

・メンバーシップよりもオンラインサロンの方がもっとディープに話してるので、出来ればオンラインサロンに入会して欲しい

・メンバーシップをチャンネルはオープンチャンネルにして残し、チャンネル登録者数100万人を超えたい

 

とのこと。

 

メンバーシップの登録者からオンラインサロン(PROGRESS)に移行する人はそんなにいないと思います(会員数の増減をこれからしばらく見守ります)が、オンラインサロン会員からしたら拍手喝采な出来事だと思います。

 

「メンバーシップよりオンラインサロンを大事にしてくれた」

 

というイメージが出来ますので、オンラインサロンにおけるオーナーと会員の信頼関係はさらに強化されました。

 

さらに、メンバーシップを止めても登録者数100万人超えのチャンネルに成長出来れば、広告収入でメンバーシップの売上げを軽く超えられると見積もっていると思います。つまり、今回メンバーシップを止めるという決断は、見方を変えるとチャンネル登録者数100万人超えして収入を増やすという話なのですが、それをストレートに言うのではなく、「今回のメンバーシップ終了は、オンラインサロンメンバーの方が大事だから…」という枕詞を付ける事により、ダブルでいいとこ取りしようとしてる気がしてて、喋っている時の中田さんの軍師的な顔がとても印象的でした。※もしかしたら「メンバーシップって以外と儲からないんだな〜」って思っていたのではないかと(チャンネル登録者数100万人単位のYouTuberだからこその発想ですね)

 

今回、お伝えしたかったのは、中田さん規模の戦略がどうのという話ではなく、いくらYouTube大学というモンスターチャンネルを持ってる中田さんと言えども、オンラインサロン「PROGRESS」の存在をとても重要視している事が再確認出来たと言う事です。中田さん程のオンラインサロンオーナーでも、会員との関係値、信頼関係を築く事に心血注いでいるわけですから、全てのオンラインサロン運営者にとって、それがどれほど重要かは言わずもがなです。

 

 

━━━━━━━━━━━

コミュマネブは、

オンラインサロン界の

ガレージブランドです。

━━━━━━━━━━━

back to lists

related posts

最近の記事
#tags
share